せどり

せどりにおいて電子マネーは重要。クレジットチャージでポイントを貯めよう!

更新日:

こんばんわ。

商品を仕入れる時、クレジットカードを利用すればポイントが付き現金払いよりお得にはなりますがポイント付与が1000円で1ポイント、100円で1ポイントとなり、指定の金額未満は切り捨てになってポイントが付きません。

そういう時の事を考えると電子マネーを使った方が得な場合もあります。

とは言っても電子マネーは沢山の種類があります。

今回はせどりに特化してる電子マネーを紹介します。

スポンサーリンク

せどり向けの電子マネーとは?

せどりで求められるものはとにかく安く仕入れる事につきます。

電子マネーって現金でチャージして支払うイメージがあると思いますが実は現金以外でもチャージする方法があります。

それはクレジットチャージです。

クレジットカードの中には電子マネーと一体化してるものがあります。

そのカードならクレジット払いで電子マネーをチャージし電子マネーとは別にクレジットポイントを得ることができます。

またチャージ方法にはオートチャージと言うものがあり、設定した金額を下回ったらチャージしたい金額あわせて自動でチャージしてくれる機能があります。

チャージ単位は1000円単位なので1000円で1ポイント付与と言ったクレジットカードと相性が良く切り捨てられることなくポイントが得られます。

せどりにおススメの電子マネー

suica


交通系電子マネーとして歴史あるsuicaはせどりには必要不可欠の電子マネーと言えるでしょう。

suicaと相性のいいクレジットカード:ビックカメラsuicaカード、ビュー・スイカカード

メリット

・クレジットチャージのポイント還元率が高い(還元率1.5%)
・利用可能店が多い

suicaは電車で使えるわけではなくせどりと言えばよく耳にする、ヨドバシカメラ、ビックカメラと言った家電量販店、イトーヨカドー、イオンと言ったスーパー、ブックオフ、ソフマップといったDVD、ゲーム屋にまで幅広く対応しています。

クレジットチャージは1000円毎にJRE POINTが15ポイントもらえます。

JRE POINTはSuicaへ交換する事が出来ます。

デメリット

・上限額が低い(20000円まで)
・オートチャージ以外のクレジットチャージが面倒くさい

Suicaで持てる上限額は20000円と低い為、高額商品の多い家電、PCパーツ、だと金額が足りず、不足分は現金で支払わなきゃいけなくなります。

Suicaの残高を確認しながらいくらの商品を買うかチェックすると良いでしょう。

またオートチャージ以外のポイントを得るチャージ方法ですがApple pay、おサイフケータイ、VIEW ALTTEによるチャージになります。

Apple pay、おサイフケータイはそんな面倒でもありませんがVIEW ALTTEは駅にあるATMなので駅まで足を運ばないといけません。

まーオートチャージにしておけばいいのでそこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

WAON

イオンリテールが発行した電子マネーです。

名前の通りイオングループ対象店で利用すると最大限の効果が発揮されます。

WAONと相性のいいクレジットカード:イオンカードセレクト

メリット

・税金の支払いも利用できる(ミニストップのみ)
・イオングループ対象店で利用するとお得
・5の付く日はポイント還元率2倍
・WAON決済でポイントが付く(200円につき1ポイント)

イオングループ対象店でWAONを使うと様々な特典があります。

1つ目は10日にWAON利用で通常の5倍(200円につき5ポイント)のポイントを得られること。
2つ目は20日、30日にWAON利用で5%引きが適用される事。
3つ目はWAON提示でもポイントが貯めることができクレジットカードと併用する事が出来ます。
3つ目については5の付く日で提示すると還元率が2倍(200円につき2ポイント)になるので高還元のクレジットカードと併用で10日のサービスデーと同等近い還元率を得られます。

その為、イオンせどりではWAON利用が必須と言えますね。

もちろん対応店はイオングループ店以外にもたくさんあります。

WAONを使う時はSmart WAONのアプリをインストールしておきましょう。
アプリでWAONを使ってるカードを登録する事で月間500円毎に1WAON POINTがもらえます。

デメリット

・イオンカードセレクトでオートチャージ限定じゃないとチャージ時ポイントが付かない。

WAON利用での還元に力を注いでいるのかイオンカードセレクトでオートチャージ限定じゃないとポイントが得られない為、WAON一体型のクレジットカードはイオンカードセレクト一択になります。

楽天Edy

楽天が発行している電子マネーです。

相性のいいクレジットカード:リクルートカード(JCB以外)、楽天カード

メリット

・Edy決済でポイントがつく(200円ごとに1ポイント)
・楽天スーパーポイントと相互交換可能
・一部のネットショップにも対応している

Edyの抜きんでてる特徴は楽天スーパーポイントと相互交換できるという事ですね。

Edyを楽天スーパーポイントに、楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換できるのでたまった楽天スーパーポイントをEdyに交換してEdyを利用してポイントを貯めると言う行動を繰り返していけばかなりポイントを貯めていけるんじゃないかと思います。

対応店はネットショップも豊富ですがsuicaと同じ位、ネットショップ以外のたくさんの店で使えるのでsuicaじゃ支払えない商品はEdyを使うなんてのもいいですね。

デメリット

・クレジットカード毎にメリット・デメリットがあり何が一番いいのか難しい

リクルートカードと楽天カードをそれぞれお勧めしましたがどちらのカードにも特徴があります。

リクルートカードはクレジットチャージの還元が1.2%の高還元ですが月30000円までしかポイント還元が適用されません。
また、楽天スーパーポイントと相互交換可能の条件は楽天カードか楽天スーパーポイントを貯める設定にしてあるおサイフケータイにしないといけません。
すなわちおサイフケータイに楽天スーパーポイントを貯める設定にしてリクルートカードを登録しないといけないです。
かなりややこしいです。

楽天カードはオートチャージの還元率が0.5%とリクルートカードと比較して悪いです。
その代わり月いくらと言った制限はありませんのでせどりでEdyをたくさん使うと言う意味で楽天カードの方が良いかもしれないですね。

nanaco

セブン&アイ・ホールディングスが発行した電子マネーです。

主にイトーヨカドーで仕入れるのに重宝されます。

相性のいいクレジットカード:リクルートカード、セブンカード・プラス

メリット

・nanaco払いでポイントが貯まる(一部店舗)
・nanaco提示でポイントが貯まる(一部店舗)
・8の付く日にイトーヨーカドーで利用するとお得
・利用可能上限額が高い
・税金を払える(セブンイレブンのみ)

これはWAONと似たり寄ったりな感じですね。
8の付く日にイトーヨーカドーでnanacoを利用すれば商品5%OFF+ポイント2倍になります。
利用可能額についてはカード内に5万+センター預かり5万で実質1枚で10万円貯めれます。

イトーヨーカドーでせどりをするなら間違いなくnanacoは作っておくべきです。

デメリット

・クレジットカード毎にメリット・デメリットがあり何が一番いいのか難しい
・イトーヨーカドー以外での利用は他の電子マネーよりやや劣る
・クレジットチャージの還元率が減ったり、ポイント対象外になったりと改悪が目立つ
・利用可能店がやや少ない

1つめのデメリットはEdyと似た感じです。

一つ違うのはリクルートカードはオートチャージができません。
オートチャージをしたければセブンカード・プラスを選びましょう。
その代わりセブンカード・プラスはクレジットチャージの還元率が0.5%になります。

他の電子マネーと違ってリクルートカードの縛りによってsuicaの様にいくらクレジットチャージしても常に1.5%の還元があるわけでも無く、WAONの様に5の付く日はポイントが倍になるわけでも無く、Edyの様に別のポイントと相互交換できるわけでも無いのでイトーヨーカドーを利用しない人は使い道が難しいと言えます。

最後に

せどりでおススメする電子マネーを紹介しましたがどれも特徴があります。

色々とルールがあったりして何が得なのかわかりにくかったり面倒だったりします。

こういうややこしい事を理解して有効活用する事がせどりで利益を得る事につながっていくのかと思います。

↓イオンカードセレクトの発行はこちら!

イオンカードセレクト

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.