投資の考え方

初めての投資は怖い!初心者はまず少額投資をやろう

株や仮想通貨をやりたいけどどうすればいいか分からない、最初はみな同じです。

投資は大金をかけるからその分、利益も大きくなるので最初の出だしは慎重に行いたい所です。

今回は初心者が投資をする時はどう動いていいのかお話ししたいと思います。

初心者が意識すべきポイント

大金はかけず、少額で投資する

初心者でいきなり何百万と言った投資をやるのは非常に危険です。

運が悪いといきなり何十万円の損失を出すことだってあり得ます。

有名企業に投資すれば確実に儲けれるわけでも無いので最初は損失を出さない意識を持つ事と少額で投資をやってみましょう。

日本株でも中には10万もしない銘柄があるので結構お金をそんなにかけずとも投資はできます。

日本株は基本100株単位で購入するのですが1株単位で買う事もできます。

基本株主優待とかは100株からもらえる銘柄が多いので1株で買うと優待がもらえない事からあまり利用されていないようです。

時価総額の高い銘柄を選ぶ

株や投資信託では企業の大きさを示す時価総額と言う数字があります。

この時価総額が高いほど倒産リスクが低く、株価が安定しやすい傾向があります。

耳にしたことある、任天堂やマクドナルドは有名企業で時価総額が非常に高いです。

時価総額が高いデメリットはないのでまずは時価総額の高い銘柄を選ぶことです。

初心者におすすめの投資

  • 日本株
  • 米国株
  • ADR
  • ビットコイン

小額投資も高額投資もどっちも可能でいつでも売買できる投資商品だけを選びました。

株やビットコインは投資商品の中で値動きが激しくリスクがあります。

しかし小額投資なら失敗しても損失は少ないので思いっきり失敗して経験を得られるのです。

それぞれどういう投資のしかたをすればよいか細かく説明していきます。

日本株

少額投資のポイント

  • 単元未満株
  • 株主優待株

日本株は100株単位でしか投資できない様に思えますが単元未満株と言う100株未満での投資も可能です。

購入数を減らせば投資資金も10万円以下、5万円以下での投資も可能です。

もう一つの株主優待株は株を持っているだけで自社商品や買い物券を入手しています。

保有数は銘柄によりますが優待受取りには最低100株以上は必要で株価によってお金はかかります。

しかし例え株価が下がったとしても株主優待を受け取り続ければその損を株主優待で損をカバーできます。

少額投資とも言えども損失を抑える事を考えるのが重要です。

米国株

少額投資のポイント

  • 1株から購入可能
  • 有名企業が多い

米国株は日本株と違って日本円ではなくドルを使います。

ドルにも値動きがありますので株の値動きと2つのリスクを抱えています。

それなのになぜ米国株がおすすめなのかと言うとアメリカ経済の成長性ですね。

アメリカはやはり世界の中心と言っても過言ではありません。

実際、有名企業の本社はアメリカである事が多いですよね。

という事はすなわち株価が上がるかどうかはアメリカが握っているわけです。

したがって経済の中心にいるアメリカの株を買う事が儲ける為の近道でもあります。

ADR

少額投資のポイント

  • 1株から購入可能
  • 配当利回りが高い
  • 国によっては外国税がかからない

ADRは他国の株をドルで買えます。

ドルは為替手数料が他国より安いがADRの良い点です。

他国の株でも米国株並みに有名企業が多いですね。

例えば、ロイヤル・ダッチ・シェル、グラクソ・スミスライン、ブリティッシュ・アメリカンタバコ、この3銘柄はイギリスの株ですが耳にする事が多い位有名です。

しかも配当利回りが年5%以上と高いのが魅力です。

配当金は株主優待で言う現金バージョンです。やっぱ現金の方が使い道が広いから良いですよね。

またADRはイギリス株なら外国税が0%と言う点も見逃せません。

1株からでも購入が可能なのでADRは初心者だからこそすべき少額投資なのです。

ビットコイン

少額投資のポイント

  • 手数料が安い
  • 100円から購入可能

ビットコインは株ではありませんし株以上に値動きがあり、ハイリスクな投資です。

ですがハイリスクだからこそ少額投資で十分なのです。

仮想通貨はたくさんありますがその中でもビットコインは時価総額1位で投資対象としては現実的なのです。

また仮想通貨は手数料が株より安く購入単位も低いので100円からの購入も可能です。

ビットコインは雑所得扱いで年195万円以下の利益なら所得税が5%で済むのでむやみに大金を積む必要はありませんね。

仮想通貨の取引所はたくさんありますがおすすめはGMOコインです。

初心者におすすめの証券会社

手数料が安く、時間外取引や外国株も取り引きができるSBI証券がおススメです。

10万円以下の取引なら1約定につき97円、20万円以下の取引なら113円の手数料で済みますのでかなり安いです。

米ドルの為替手数料がわずか4銭!


SBI証券

日本株、米国株共に手数料が安い!

最後に

紹介した銘柄は株価が下がっても配当金や株主優待と言う保険で補うスタイルです。

優待や配当金が無くても株価が上がり続けている銘柄はありますが必ず上がると言う保証はないです。

初めの内は少額で投資するか配当、株主優待が手厚い長期向けの銘柄で損を抑えるやり方をすると良いでしょう。

-投資の考え方

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.