せどり

AmazonFBAを使うと購入者以外からも電話がやってくる!

更新日:

Amazonに仕入れた商品を出品するにはAmazonFBAの登録が必要です。

AmazonFBAを登録し、出品をする事で初めて出店されます。

出店されると出品した商品から自分の出店情報が見れるのですが電話番号、住所、運営責任者名と言った情報がさらされます。

これが個人事業主なら個人情報が晒されるわけです。

問い合わせもできる状況になるので購入者から連絡が来ることもあります。

実際運営して購入者から電話が来ることがありませんが購入者以外から電話来たことがありました。

スポンサーリンク

確定申告代行サービスの連絡

せどり業をやると仕入れ値や売上金と確定申告をするのに項目を沢山記入するので大変です。

そこに付け込んで税理士から確定申告の代行をやってくれるサービスの電話が来ます。

まぁ稼ぎに稼ぎまくって確定申告が手に負えない程ならまだしもそんあに売れているわけではないのでもちろん却下しました。

商品の相談かと思いきやこういう有料サービスの勧誘までくるので危ないですね。

ある意味出店してからが本当に気を惹きしなければいけないのかが分かります。

言われるがままに誘導されると後々後悔しそうです。

カスタマーセンターからの連絡

amazonでは商品にprimeマークがついてる時があります。

プライム会員のみが利用できるサービスでお急ぎ便が使えたり、送料が無料になったりします。

そこそこ商品が売れてくるようになってから売り上げ実績のある人には自己発送でもprimeをつけれるサービスの案内が来ました。

せっかくなので自己発送でもprimeを付け始めたのですが色々と不都合なことがあり即解除しました。

そうしたら何週間後にAmazonカスタマーセンターから電話があり「primeサービスを解除したようなんですが理由を教えてほしい」と電話が来ました。

理由を説明したら納得してもらい電話は済んだのですが「primeサービス外した位で電話なんかしてくんなよ…」と思いましたよ(汗)

恐らくprimeを付けた方が売れやすくなってAmazonの売り上げに関わってくることだからあっちの都合で電話してきたんでしょうね。

いきなりAmazonから電話がかかってきたもんですから自分が違反でもやらかしたのかと思ってビビりましたホント。

最後に

今回2件の電話がかかってきましたがこれらの対処法はありません。

電話嫌いの人にはこういう電話も苦痛かもしれませんが販売をやるという事は電話番号は記載しないといけません。

販売業と電話対応は切っても切れない関係なのでこればかりは諦めるしかないようです。

実にはた迷惑な電話でした。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.