ショップ

個人輸入代行ショップは隠れた節約効果があり?メリット・デメリットについて

ネットショップでは海外から仕入れることもできます。

しかし言語の壁や海外の商品が日本では安全なのかどうかが不安ですよね。

そんな時は個人輸入ショップを使ってみると良いでしょう。

今回は個人輸入代行ショップのメリット・デメリットについてお話しします。

スポンサーリンク

個人輸入代行ショップとは


個人輸入ショップと言うのは海外業者が扱ってる商品を個人輸入代行業者が代わりに国内で販売する事です。

実際は個人輸入代行業者が運営しているショップで買うわけですが発送は海外からになります。

個人輸入代行業者が取り扱うので品質の安全性は保証済みで個人が直接海外業者から輸入するよりはるかに安全です。

個人輸入代行ショップのメリット

国内より安い商品がある

海外だと日本と原価が違うと言うのもあり、日本で作られた商品の質、成分と似た海外の商品では日本よりかなり安かったりします。

ブランド物、美容用品、医薬品あたりなんかは個人輸入ショップの安さを活かせるかと思います。

もちろん個人輸入代行業者が事前に安全性を確認してるので心配はありません。

海外ブランドが手に入る

日本では手に入らないからこそ海外ブランドと言うのは魅力がありますよね。

物珍しさと言うか独特のデザインと言うか。

友人とか自宅に招いた時に食いつかれるかもしれませんね。

個人輸入代行ショップのデメリット

支払方法に偏りがある

海外から発送される商品の為、クレジット払いで一部のブランドが対応してなかったり代引きができなかったりします。

クレジットカードはアメリカン・エキスプレスが多くの個人輸入ショップに対応しているので1枚持っておくと良いでしょう。

偽物がある

個人輸入代行業者でも海外で偽物が出回ってたりする以上、買った商品が100%本物とは言い切れない事があります。

商品説明も基本外国語なので本物と偽物の見分けがつきにくいです。

事前に買うショップで偽物があったとかそういった評判が無いかチェックしてから購入を決めていきましょう。

最後に

個人輸入ショップのメリット・デメリットについてお話ししました。

ネットショップの利用も海外まで広げていくと今まで見たことない商品と出会えて楽しいですよね。

偽物とかちょっと不安な点もありますのでおススメはしませんがこういう店もある事を頭の片隅に入れてもらえると幸いです。

-ショップ

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.