現行NISAを利用枠ギリギリまで使いきる方法3選

投稿日:

現行NISAで一度にまとめて株を買うと注文方法、手数料と言った影響で少し残ってしまい使い切れない事があります。

自分も外国株を買い、使い切ったらと思ったら1万弱程残ってしまい使い切りたくて歯がゆい思いをしました。

利用すれば5年間は非課税なのでせっかくだから搾り取れるまで使いたいですよね。

今回は現行NISAの利用枠ギリギリまで使い切るやり方をお話しします。

スポンサーリンク

使い切るには少額投資できる方法を探す

現行NISAは年間120万です。

まず一回の購入で1万弱投資枠が残ったとしてのこり1万弱を使い切る方法を考えましょう。

単元未満株を買う

日本株は通常100株単位の購入ですが単元未満株と言う形で1株単位で購入する方法があります。

単元未満株だと株主優待の権利が消えてしまいますが配当金は受け取れますし投資枠を使い切る事が何よりのメリットです。

1株1000円以下の銘柄もあるので狙ってみると良いでしょう。

日本株を1株単位で買える単元未満株は活用性がありそうだが…

こんばんわ。 日本株では基本購入単位が100株です。 株価が安い銘柄なら買えなくもないですが、銘柄の中では1株5000円 ...

続きを見る

ETFを買う

現行NISAで購入できるのは株だけではなくETFも買えます。

ETFは投資信託に似てますが投資信託より低価格で買え、信託報酬が安いのが特徴です。

確かに信託報酬も払わなければいけないし分配金も大したことありませんが右肩上がり傾向の銘柄多く安定性があります。

ETFの銘柄一覧を見たのですが1000円以下もあり、中には500円以下のもあったので利用枠を埋めるにはうってつけの投資手段です。

→(2018/12/11)ETFは購入単位が決められている為、少額投資が難しいようです。

外国株を買う

外国株は1株単位の購入になるので外国株を選べば問題なさそうですが意外とどの銘柄も1株あたりの単価が大きいです。

高配当ばかりにこだわると株価の低い銘柄を見つけるのは難しくなってくるので米国株、ADRを駆使してくまなく探してみると良いでしょう。

最後に

現行NISAの利用枠を使い切る方法を3つお話ししました。

最初は外国株一択かと思っていたのですがETFがすごい安い銘柄が多くてびっくりしました。

NISAだからこそ長期保有向けのお得な銘柄を選びたくなってしまいますが利用枠が残り1万位になると株価の低い銘柄を優先して少しでも投資枠を使い切る事を優先した方が良さそうでしょう。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.