電子マネー

セブン&アイ系列店のnanacoポイント還元が0.5%と半減に!もうクレカでよくね?

投稿日:

2019年7月より電子マネー「nanaco」ですがセブン&アイ系列店のポイント還元が1%から0.5%に改悪されると言う情報がでてきました。

この情報はYahoo!ニュースでも上がっていてヤフコメは批難の嵐でした(汗)

この改悪に対してできる対策を考えてみましょう。

スポンサーリンク

セブン&アイ系列店はどこ?

今回改悪される対象がセブン&アイ系列店という事で対象店舗を確認してみました。

対象店舗

・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・ヨークマート
・ヨークマートベニマル
・西武・そごう
・デニーズ
・アカチャンホンポ
・ロフト
・ファミール
・芝のラーメン屋さん
・ポッポ

対象店舗はそこそこあってセブンイレブン、イトーヨーカドーもちろんの事、安いスーパーであるヨークマートまで改悪対象になっています。

新たに登場する7Payについて

2019年7月に改悪と同時に7pay(セブンペイ)というのが登場します。

セブン&アイHDが提供するQRコード決済システムでLine PayやPayPayと似たシステムです。

今の所nanacoとの連携機能はなく7Payが使える店はまだ決まっていません。

多分セブン&アイ系列店は使えるんじゃないと言う予想はしています。

7Payはクレジットチャージが一応できる様ですので7Payに切り替えるのも一つの選択だと思います。

nanacoはぶっちゃけいらない

幸いにもクレジットチャージによるポイント還元の改悪はなかったので引き続き税金払いには使えますが一番還元率の高いリクルートカードは月の上限が30000円の上にリクルートポイントが使いにくいデメリットがあります。

税金払いであれば残高上限は50000円までですがミニストップでJMBWAON払いした方がマイルがたまるのでお得です。

税金払い以外の還元率は高還元のクレジットカードに切り替えればいいし、電子マネーとしての還元率はSuicaの方が高いのでnanacoの使い道は殆どありません。

この考えからもしnanacoの残高がまだあるなら7月までに全部使っちゃいましょう。

最後に

QRコード決済サービスがどんどん増え、それと同時にnanacoが改悪されキャッシュレスが戦国時代に突入している感があります。

今後nanacoがどういった点でこの改悪をカバーしてくるのかわかりませんが今の状態ではだれも使われなくなるんじゃないかと思ってます。

リアルカードも不要になってくるこの時代にnanacoに巻き返しがあるのか今後の展開に期待していきたいですね。

-電子マネー

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.