その他の節約

毎月のスマホ代を安くする格安SIMはお得?メリット・デメリット

手軽にインターネットができながら電話、音楽、アプリと様々な機能が備わっているスマートフォン。

でもスマホ代は結構しますよね。

大手キャリアで契約して利用した場合の平均は月々7000円程と言われています。

月7000円は確かに高いけどガラケーでもその位はしてたと思います。

しかし今は格安SIMを利用する事によって月々のスマホの料金を安くできます。

今回は格安SIMのメリット・デメリットや購入方法についてお話しします。

スポンサーリンク

格安SIMとは?

 

スマートフォンにはSIMカードが入っています。

画像の様なチップ上のものですね。

そのSIMにはLTEと言った高速ネットワークが利用できたり電話ができる機能が備わっています。

要はSIMカードでは携帯会社で契約したプラン情報が入っており、それをスマートフォンで読み込ませる事でプランの機能が利用できるようになります。

格安SIMは別名MVNO(仮想移動体通信事業者)とも呼ばれ携帯回線を低価格で提供してくれるのです。

簡単にまとめると

  • 携帯会社の契約プランが内蔵されたチップ
  • チップをスマホに指すことでプラン内容の機能が利用できる
  • チップを外すとプランの機能が使えなくなる

格安SIMのデメリット

かけ放題プランがほぼない

Bigmobileのおしゃべりプランを除き格安SIMはかけ放題プランがありません。

イオンモバイルではあるみたいなんですがIP電話(050)だけみたいです。

かけ放題が無いと電話料金がかかっていたいと思います。

そこで対策としてLINE通話で友達登録してる人にかける事で無料通話ができます。

また他の利用手段では申し込み、予約、問い合わせなんかでも電話を利用するかと思います。

これらはWEBサイトがあればネットからでも手続きができるのでネットを利用する事で通話代を抑えれます。

格安SIMはこういったようにLINE通話や通話以外の手段で手続きするやり方をして通話を最小限に抑えるようにしていきましょう。

キャリアメールが無い

格安SIMではその業者のメールアドレスを取得する事はできません。

その為、メール機能が欲しい場合にはフリーメールなどで代用します。

Yahoo!、Gmail、biglobe等が有名ですかね。

後はインターネットのプロパイダから発行されるメールアドレスでも代用できますね。

正直キャリアメールが無くてもフリーメールで全然代用できるのであまり痛いデメリットではないです。

LINEの年齢認証がクリアできない

格安SIMでID検索をすると年齢認証が入るわけなんですが格安SIMだと年齢認証を突破する手だてがありません。

LINEの年齢認証は大手携帯キャリアの年齢認証用のIDを用いて年齢認証をクリアしているかと思います。

格安SIMはネット回線は大手のを使っていますが年齢認証用のIDまでは持つことができないようです。

ID検索以外で友達追加をしたい場合は以下の方法で追加してください。

他の追加方法

・ふるふる
・QRコード
・専用URLの送信
・Windowsアプリ版のLINEを使用(ID検索可)

格安SIMのメリット

縛り年数が短い

格安SIMのメリットとしては2年縛りが無いと言う点です。

大手キャリアだと2年縛りがあってその間に解約すると解約料が取られると思います。

大体、利用期間にもよりますが1万円とかそれ位かかっていたいですよね。

しかし格安SIMでは解約金は同様にかかりますが縛り年数が短かったり、解約金が安い傾向があります。

中には解約金がかからない業者もありますので変な束縛がないのが嬉しいですね。

とにかく安い

音声付きプラン データ通信プラン
1GB 月1300円前後 月500円前後
3GB 月1600円前後 月900円前後
5GB 月2100円前後 月1500円前後
10GB 月3000円前後 月2400円前後

格安SIMの料金プランはデータ通信のみと音声機能付きの2つのプランがあります。

音声機能付きのプランの方が料金は高いです。

音声付きプランの通話料金は平均で30秒毎に24円がほとんどだと思います。

通信容量の多いプランにするほど料金が高くなるのは大手キャリアと変わりありませんが圧倒的に格安SIMが安いですよね。

毎日動画を見る人じゃなければ3GBのプランを契約したとして大手キャリアの1/3まで料金が抑えれますね。

スポンサーリンク

格安SIMの購入方法

購入先

  • ネットショップ
  • SIM会社のWEBサイト

格安SIMは提供会社のWEBサイトかAmazonと言ったネットショップで購入契約ができます。

わざわざ店に行く必要が無いので楽です。

スマートフォンが無いと格安SIMは使えないのですが提供会社のWEBサイトに行けばSIMだけじゃなく端末とセットでの提供もしてくれます。

もし格安SIMのデメリットが気にならなければこれを機に格安SIMを利用してみてはいかがでしょうか。


最後に

格安SIMのメリット・デメリットや購入方法についてお話ししました。

現在も格安SIMを使っている自分ですが通話料を含めても毎月2500円程度で済んで大変節約ができています。

格安SIMのデメリットもありますが自分の工夫次第でカバーできます。

節約と格安SIMは切っても切れない関係と言えるべきでしょう。

-その他の節約

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.