youtube配信

動画配信したいけど何の動画に配信すればいいか迷ってる人へ言いたい事

投稿日:

動画配信するのを決めたは良いもののどういう動画を上げればいいか困る人もいると思います。

「この人が既に似た動画を配信してる」

「自分のは大して面白くもないし…」

こういった不安要素は多いものです。

今回はそういった人たちに向けて言いたい事をお話しします。

スポンサーリンク

自分が作った動画と言う時点で他人にはないオリジナリティがある事

ブログでも同じことが言えるんですが人気実況者が作った動画を見ると「自分が作った所で叶うわけがない」と自信喪失になりがちです。

しかしそうであったとしても自分が動画を作成すればその時点でその人気実況者にはないオリジナリティがあるわけです。

例えば面白くなくたって「話に正確性がある」「動画のクオリティが高い」があれば人気実況者との差別化はできます。

字幕を入れたり、映像が綺麗にしたりとそういうのが大事です。

どういう動画をあげればいいか?

簡単な事です。

動画じゃないと伝わらないコンテンツを配信すればいいのです。

動きや声があると伝わりやすい動画

・操作手順系
・商品レビュー系
・歌・演奏・ダンス
・ゲーム実況
・リアクション系
・対談系
・料理

もっとあるかもしれませんがとりあえずこの辺りにしておきます(汗)

商品レビューや操作手順はブログでも確かにかけますが操作しながら説明してもらった方がより分かりやすいですよね。

また自分と言うキャラクターが活かせるゲーム実況やリアクション系なんかも動画配信でしか伝えれない事です。

自分は対戦ゲームが好きなんで対戦ゲーム実況だけで配信し続けています。

意外と動画で配信した方が良いジャンルは多いのでこれだけあると参入できる隙間はあると思います。

決してあきらめないでほしい


youtubeでは17年に日本で18~64歳のネット人口の82%が視聴したという結果があります。

しかもyoutubeは世界の人々から見られている動画サイトなので集客効果はかなり高いと感じています。

自分もこの記事を書いた時点で動画本数は10本しかyoutubeにあげていませんがアクセス数はブログよりも伸びはいいです。

しかも自分はコミュ障で口下手で実況内容もひどいものです。

なのにも関わらずですよ?それでも観に来てくれるんです。

言いたい事は動画配信をやりたい気持ちが少しでもあるならやるべきです。

確かにyoutube配信では収益化の道のりは険しいです。

しかし毎日配信し続けたい気持ちがあればやがてあなたの動画を楽しみにしてくれる人も増えてくることでしょう。

この記事で少しでも動画配信をする決意へとつながってくれることを祈ってます。

-youtube配信

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.