配送サービス

メルカリで使えるゆうゆうメルカリ便。どんなサービスなのか?

更新日:

こんばんわ。

メルカリでは日本郵便と提携した配送サービスゆうゆうメルカリ便と言うのがあります。

ヤフオクでいうゆうパックおてがる版みたいなものですね。

メルカリはフリマアプリでは歴史は浅いのでそのメルカリが提携しているメルカリ便とはどういったものなのか探ってみます。

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便のサービス内容

ゆうゆうメルカリ便の対象サービス

ゆうゆうメルカリ便の対象はゆうパケットとゆうパックのみになります。

どちらも配送サービスとしてはよく使われるものになりますね。

対応サイズ・料金


対応サイズについてはゆうパックが100サイズまでになっていて微妙です。

おもちゃでも大型商品だと100サイズ超えるものもありますので160サイズ位までは対応して欲しかったのが正直な感想です。

その代わり料金が安くなっている上にゆうパックも全国一律料金に!

これまで沖縄、離島と言った離れた地域の配送料を気にしなければいけませんでしたがゆうゆうメルカリ便では気にする必要が一切なくなりました。

受取場所

受け取れる場所は自宅以外に郵便局、ローソン、ミニストップ、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」で受け取れます。

発送場所

発送場所は郵便局とローソンのみになります。

スマートフォンから郵便局なら「ゆうプリタッチ」ローソンなら「Loppi」で二次元バーコードを発行して発送します。

専用ラベルを必要としないので宛名作成不要で非常に楽です。

通常のゆうパケット・ゆうパックとの違い


郵便と言えばゆうパック!改めてサービス内容を確認してみた。

こんばんわ。 以前ゆうパック(おてがる版)が2018/10/16から配送料が改定される事を記事にしました。 ゆうパックと ...

続きを見る

過去に記事にしてある、ゆうパケットとゆうパックと何が違うのかを確認してみました。

やっぱメルカリで提携しているだけあって料金の安さが大きな強みですね。

これだけ値段が違うと提携していない所のフリマサイトで出品なんてする気が起きなくなる位に。

またゆうゆうメルカリ便は安い分、持込割や継続割とかはありません。

その分、郵便局で持ち込む事にこだわらずコンビニで発送しても料金は変わらないので発送場所を気にする必要が無いのも強みですね。

デメリットとしてはゆうパックの持ち込みサイズと受取場所の違い、ゆうパケットではポスト投函ができない事です。

100サイズまでってのがもう少し大きいサイズも対応して欲しかったです。

受取場所は通常のゆうパケット・ゆうパックもコンビニ受取ができるのですがファミリーマートでも受け取れますがゆうゆうメルカリ便では受け取れません。

受取人がここまで気にするかどうかって言われると微妙な気もしますけどね(汗)

最後に

料金の安さとスマホ1台で簡単に発送ができるゆうゆうメルカリ便。

送る商品が対応サイズ内でしたら利用しない手はないですね。

こう考えるとスマホとメルカリがいかに相性がいいのとメルカリの利用者数が多いのもわかる気がします。

-配送サービス

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.