配送サービス

レターパックプラスは重い商品を送るのに適しておりせどりでも使える!

日本の配送サービスは配送物が重たいほど料金が増えていくシステムが殆どです。

せっかく商品サイズが小さいのに重量があるからに高い料金をもってかれるのはいやなものです。

そんな時は日本郵便が提供している配送サービス「レターパックプラス」を使うと良いでしょう。

専用の箱を使用するのでサイズは限られてますが重い商品を送るのに適してます。

レターパックプラスはレターパックより料金が上がる分、専用箱のサイズ内ならどんな大きなの商品でも遅れるのでレターパックより対応サイズが広いのです。

スポンサーリンク

レターパックプラスの特徴

特徴

・専用箱を購入
・全国一律510円
・重量4kgまで
・ポストに投函可能

レターパックプラスはコンビニや金券ショップで専用箱の代金510円を払って買います。

専用箱は見た目はペラペラですが厚みを成形できるように折り目がついていてそれなりに厚みのある商品も入れる事ができます。

中には10cmの厚みにしてる人もいましたね。

紙のサイズは横25cm×34cmなのでB4サイズ(210×297mm)より1回り大きい印象です。

厚みが少なければポスト投函できますし、投函できない厚みなら郵便局で受け付けてくれます。

せどりでの使い道

レターパックプラスのライバルに定形外(規格外)郵便がありますがあっちは重量によって料金が高くなり500gを超えるとレターパックプラスの510円より高くなります。

という事は500gを超えてしまう重い荷物で利用すればお得になると言えます。

仕入れとしては重量のある特典付きのゲームソフト、DVD-box、大きめの本、空のBlu-rayメディア50枚組とか良いですね。

自分がたまたま1kg近い特典つきのDVD-boxを送る機会があった時があったのてレターパックプラスが4kgも対応していたのは助かりました。

最後に

定形外やクリックポストなど料金の安さ、利便性の強い配送サービスがどんどんある中、重量に特化してるレターパックプラスは盲点でした。

とりあえず重量が重たくてそこそこ厚みのある商品を格安で送りたい時はレターパックプラスだと記憶しておくと良いでしょう。

-配送サービス

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.