時間の節約

キーボード入力で時間の節約をしよう!しかしデメリットも…

更新日:

書類やメモを書く時は手書きで書いていませんか?

手書きの方が誠意があるとか昔から行ってる手法で馴染みがある点がありますがちょっと面倒ですよね。

特に人が話した事をメモする時なんて手書きだと中々追いつきません。

そんな時はキーボード入力が良いです。

キーボード入力に慣れてない人は手書きより遅くなるかもしれませんが慣れればあっという間に早くなります。

キーボード入力の早さは手書きの2倍近い早さです。

しかし仕事以外でキーボードで書いたりする場面は意外と少ないです。

今回はそんなキーボード入力のメリット・デメリットについてお話しします。

スポンサーリンク

キーボード入力のメリット

キーボード入力で手間を省ける項目

  • クレジットカード申請
  • 役所の申請
  • 確定申告
  • 口座振替
  • 会員登録

ざっとこんなもんでしょうか。

確定申告なんかはe-taxを使って経費項目とかをキーボードをしてるのですがめちゃめちゃ楽ですね。

しかし、それでもまだまだ手書きをする場面は多いですね。

郵便物が来た時、クレジット決済した時、ホテルの申し込み等は手書きですもんね。

これらのできる項目はキーボード入力で手間が省けるのもそうですが一番の効果は店、銀行、役所に出向くことなくネットで済ませられる事に利点があります。

ネット環境さえあればいつでもどこでも済ませられる環境が時間の節約に直結していくと思います。

コピペができる

キーボード入力は単純に手書きより早いのですがもっと早く情報を入力するやり方があります。

それがコピー&ペーストです。

コピーと貼り付けの方が分かりやすいですね。

口座振替やクレジットカードの申請なんかがそうなんですが名前、住所、電話番号と言った情報って何回も入力するケースがあると思います。

そういう時にコピー&ペーストを使っていけば何回も同じ情報をキーボード入力する必要が無いので時間短縮にもつながっていきます。

こう話していくとどんどん手書きから離れていきそうです。

キーボード入力のデメリット

疲れやすい

キーボードは指を高速に動かして打つ事と基本画面を見るので少し目や手首が疲れやすい事ですね。

長時間のキーボード入力は程々にして適度の休憩を入れるようにしましょう。

また手書きで書かなくなるのでいざ手書きを書くと文字を書こうとすると結構違和感を覚えます。

「漢字、これでよかったっけな?」って感覚に陥りますね(汗)

まだまだキーボード入力できる項目は少ないので多少は字を書く習慣はつけておいた方がよさそうです。

記憶力がつかない?

キーボード入力はよく記憶力がつかないと言われています。

なにせキーボードをたたいているだけでひらがなや漢字と言った書き方が違ってくる手入力の方が記憶しやすいというのは事実です。

しかし文字や言葉の覚え方というのは手で書くだけでしょうか?

自分は「よく読む」という事をしていけば記憶できると思っています。

読むというには目を通して読むだけではなく声に出して読むというやり方もありますしね。

キーボード入力するのと記憶する事は切り離される形になると考えた方が良いでしょう。

最後に

今回はキーボード入力のメリット・デメリットについてお話ししました。

今このブログにしてもキーボード入力をしていて大変時間の節約はできています。

しかし字を書く習慣が無いのでいざ字を書く時は何となく不安があります。

確かにキーボード入力は便利ではありますが手書きが必要な場面があるうちはあまりキーボード入力依存にならない方が良いかもしれません。

-時間の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.