その他の投資・副業

iDeCoは節税、積立としては素晴らしいが主はやらないのは大きな理由がある…

更新日:

iDeCoって節税できるとか分配金が非課税になるとか良さげな投資に聞こえます。

自分も俄然興味があるわけなんですがある致命的なデメリットによって投資する気が一気になくなりました。

今回はiDeCoの事についてお話しする共に投資しない訳をお話しします。

スポンサーリンク

iDeCoとは?

iDeCoとは個人型の確定拠出年金を差しますが確定拠出年金って何?って話になります。

確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん、DC:Defined Contribution Plan[1])とは、確定拠出年金法を根拠とする私的年金である。2001年(平成13年)10月から始められた。「日本版401k」とも言われ、日本の年金制度上は第三階に位置づけられる。

現役時代に掛金を確定して納め(拠出という)、その資金を運用し損益が反映されたものを老後の受給額として支払われる。給付には、老齢給付、障害給付金、死亡一時金があり、その性質上、将来の受給額は未定である。

対になるものとして確定給付年金がある。老後の受給額の目標金額を現役時代に確定しておき、将来の受給額から逆算した掛金を現役時代に支払う年金のことである。すなわち、老後の受給額を前もって確定した年金である。

出典元:wikipedia

老後までに少しずつ資金を納め老後になったら資産運用した金額が返済される制度になります。

投資対象

証券会社によって投資商品は異なりますが、一部の投資信託のみ対応しています。

投資信託の為、分配金がもらえますが信託報酬もかかります。

iDeCoでの分配金は貰った金額分自動でiDeCoとして再投資されます。

iDeCoの特徴

運用益、分配金が非課税

iDeCoでは運用完了後に積立した金額が返ってきますがそこで得た運用益分、分配金は全て非課税となります。

通常は投資信託でも分配金でも20%の税金がかかるのですがまるでNISAの様な機能も持ち合わせていますね。

NISA以外で非課税の投資手段はiDeCo位なので貴重な投資手段でしょう。

所得税・住民税が削減できる

iDeCOで使った掛け金は確定申告の時に税控除として申告できます。

例えばiDeCOで年間30万円払ったとしたらその30万が丸々課税所得からひかれるわけです。

まるで経費の様に引けて便利ですね。

iDeCoのデメリット

iDeCoのデメリットなんですが満60歳になるまで途中解約する事ができません!

これが最大のデメリットなんです。

株なんかは損する可能性があってリスキーなんですけどいつでも売却できるので投資としての安心感はあるのですがいつでも払い戻せない状況と言うのはあまり好ましくないです。

iDeCoに限っては60歳まで解約できないのは抵抗感がでちゃいますね。

これまで途中解約ができない仕組預金、ソーシャルレンディングの事をお話ししましたがあっちは数か月~1年間までの話でしたからね。

積立金額の引き下げや一時休止はできる様です。

また例外として加入者が事故などで障害を負った時や亡くなった場合などについては途中解約ができる様です。

最後に

蓋を空けてみれば税対策できたり運用益、分配金が非課税になったり強みが前に出ている投資だと思いました。

でも60歳まで引き出せないデメリットがどうしても自分は受け付けられないです。

お金なんていつ必要になるか分かりませんし。

しかし老後に備えて何かやっておこうと考える人ならiDeCoは良い投資になるのではないでしょうか。

-その他の投資・副業

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.