仮想通貨

草コインとは?一攫千金・億万長者を狙えるが現実的ではない

仮想通貨と言えばビットコイン、アルトコインがありますが草コインと言うのもあります。

あまり聞かない名前なんですけど草コインも一応仮想通貨として認識してください。

自分も草コインは持っているのですが上がる気配はなくずっと下がり続けていて非常にリスキーなコインと言う印象です。

今回はこの草コインの特徴や持っておいた方が良いのかどうかについてお話しします。

スポンサーリンク

草コインとは?

有名な草コイン

  • Dogeコイン
  • XPコイン

草コインはアルトコインの一種ではありますが国内に販売されてなく海外の取引所で販売しているコインです。

コインの種類は非常に多く仮想通貨の種類の中で半分以上はこの草コインが占めています。

草コインの中で有名なので言えばDogeコイン(ドージコイン)XPコインですね。

特にXPコインは2017年~2018年の間で価格が500倍になるという億り人製造通貨になりました。

その後、2019年には何もなかったの様に価格は暴落し、すっかり元の価格に戻りました。

kanekazu
億り人製造通貨になった翌年は自己破産製造通貨になったというわけだ…

草コインの特徴

値動きが激しい

草コインは1枚の値段が低い為、値動きが激しいです。

好材料な情報があれば一気に上がりますし悪材料が来れば一気に下がります。

過去XPコインでは1ヶ月に100倍急騰したりと信じられない事がありましたが下げもかなり早いです。

またビットコインの下落に敏感でビットコインが下落するとそれ以上に草コインは下がってしまいます。

時価総額が低いのも値動きが激しくなる要因の一つでしょうね。

海外の取引所で販売している

草コインは海外の取引所で販売しています。

通常草コインを買う時、ドルで買わなければいけないのですが、仮想通貨を別の仮想通貨に換算する事ができます。

おススメの取引所はcoinExchange(コインエクスチェンジ)かBinance(バイナンス)です。

どちらも海外のサイトで文字はすべて英語になりますので英語が苦手な人はWebの翻訳機能を使って利用するようにしましょう。

性能や情報が把握しにくい

ビットコインなら一部の店に使えたり、ビットコインの最新情報が見れるサイトがいくつもありますが草コインでは通貨として使えるのかいまいち情報が分からないです。

その為、将来性があるのかわからないので安易に購入してよいのか躊躇してしまいます。

海外にあるコインだとやはり海外のサイトを除いて英語を理解しないと中々情報を仕入れるのが難しそうです。

時価総額が低い

日本の仮想通貨取引所で取り扱わないコインですから有名なコインでもなく時価総額も低いです。

時価総額の高さは投資する為の判断材料として重要な情報です。

時価総額が高ければいいというものではありませんが低いと暴落リスクは高いです。

株で言う買収される事はありませんが仮想通貨の場合、時価総額が低すぎるとその仮想通貨自体が消滅する可能性もありますので注意です。

草コインは買うべき?

結論として一発逆転を狙って大金を積むのは非常に危険なので遊び半分で少額投資するにはいいかもしれません。

草コインは株で言えばよく知らない企業に投資するようなものです。

確かに昔ガンホーの株がパズドラの影響で何倍にも株価が上昇したことがあります。

ミクシィも同様でスマホのゲームで急騰したことがありましたね。

そういったように「この草コインもしかしたら急騰するかも?」と言う根拠は無いけど自分のセンスと嗅覚で投資する形になります。

こればかりは自分の投資知識で成功に近づけていくのは難しく運と度胸で行くしかありません。

かなりスリルのある勝負になると思います。

失敗すれば地獄へ真っ逆さまですが成功すれば億万長者も夢ではありません。

自分は投資知識で儲けたい派なので草コインの購入はしたくないです(笑)

2018年にXPコインを10万円分を買って痛い経験をしました。

最後に

今回は草コインの特徴についてお話ししました。

正直実用性が低くよくわからないコインばかりです。

ビットコインやアルトコインですら値動きが激しいのに草コインは更に激しいですからね。

ギャンブル要素が高いので一か八かと言う覚悟を持ってやる位が良いでしょう。

一応そういうコインがあるという事で頭の片隅に入れてもらえれば幸いです。

-仮想通貨

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.