せどり

Amazon倉庫に預けると発生する在庫保管手数料とは?

投稿日:

せどりで仕入れた大量の商品を売りさばく為にAmazonFBAの力が必要不可欠になります。

もちろん大量の商品を家に保管するわけにもいきませんからAmazonの倉庫に送る事でしょう。

AmazonFBAと言えば月額利用料金以外にもカテゴリー成約料や配送代行手数料等、手数料がたくさんかかるサービスですがその中に倉庫に預けてるだけでかかる、在庫保管手数料と言うものがあります。

実はあまり気づかない手数料で自分もAmazonFBAをやり始めて3ヶ月目位でようやく知りました(笑)

今回はAmazonFBAでかかる手数料の一つ在庫保管手数料についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

在庫保管手数料

在庫保管手数料の画像の通りでかなりややこしいです。

例えば3辺のサイズが全部10cmの商品をAmazon倉庫に1/1から1ヶ月置いておくとします。

その場合の料金はどうなるかと言うと…

在庫保管手数料

7.80円×(10×10×10)/(10×10×10)×31/31 = 7.80円

という事になり、1~9月に毎日置き続ければ毎月7.80円かかり10~12月で毎月9円がかかる計算になります。

小さいサイズではそんな料金はかかりませんがサイズが大きければ大きいほど料金が高くなりますので大型商品が長期保管されている場合など注意が必要です。

この在庫保管手数料は毎月7日から15日の間に前月分の在庫保管手数料の計算を行い、次回の決済時に請求されます。

在庫保管手数料確認手順

1.Amazonセラーセントラルにログイン

2.上段メニューのレポートを選択してペイメントをクリック

3.トランザクションタブをクリック

4.「絞り込む」の欄のプルダウンをクリックし「サービス料金」を選択し「更新」をクリック

5.商品の詳細にFBA保管手数料がありますので手数料を確認できます。

FBA長期保管手数料

先ほどの保管手数料は日々手数料が計算され毎月請求されるのですが保管手数料にはもうひと種類あり、長期保管が続くことで発生する長期保管手数料と言うものがあります。

毎年2月15日と8月15日に在庫一掃チェックを実施され、在庫一掃チェック実施日にAmazon倉庫での保管期間が6か月以上に該当する在庫は、1000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたりで請求される長期在庫保管手数料の対象になります。

こちらが料金になるのですが普通の保管手数料より明らかに高いのが分かります。

10品Amazon倉庫に6ヶ月も放置してしまえば874円も手数料がかかってしまうので基本6ヶ月以内に売る事を意識して仕入れましょう。

保管手数料を抑える方法

保管手数料を抑える為、保管日数を抑えなければいけません。

自分なりに考えまして2種類の方法があります。

すぐ売れるようにする

すぐ売れるってのは大雑把な言い方なんですがすぐ売る方法としては安さランキングが重視されます。

Amazonランキングが低いと売れない?ランキングについて考えてみた!

こんばんわ。 Amazonで見かけるランキング。 高いほど人気があり、低ければ人気がありません。 高ければ注目されやすく ...

続きを見る

ランキングが良ければすぐ買われるので多少高くしても売り切れが起こればその価格で買ってもらえます。

またランキングが多少低くても安くする事で買ってもらえます。

モノレートを使いこなせればせどりは楽になる!

こんばんわ。 モノレートは無料で使えるサイトでサーチした商品をamazonでの価格やランキングの推移を確認できる非常に便 ...

続きを見る

商品がいくらで売れてるのか、ランキングの確認等はモノレートでみると分かりやすいです。

在庫を破棄する

AmazonFBAでは在庫を破棄する事ができます。

破棄すると手数料がかかりますが標準サイズが10円、大型商品が21円と格安です。

せっかく仕入れた商品を売らずに手放すのは気が引けるかもしれませんがこのまま売れずに保管手数料を取られ続ける位なら在庫を破棄するのもありです。

最後に

正直、配送代行手数料やカテゴリー成約料をもらっておいて在庫保管手数料までとどこまで金をむしり取る気なんだと言う心情です。

AmazonFBAは手数料の改定が良く行われておりどんどん手数料が高くなっていき、販売手段をAmazonに依存させてはいけない状況になりつつあります。

今回の在庫保管手数料については商品サイズもそうですが在庫がたくさんあればあるほど手数料も無視できない金額になります。

今後は販売先をAmazon以外にしたり、Amazon倉庫に送らず自己発送にしたり、Amazon倉庫に送る量を減らしたりと何かしらの対策を取った方が良いでしょう。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.