せどり

FBAの大口出品と小口出品の違いとは?案外そんな変わらない?

更新日:

せどりの仕入れ減少に伴い今まで月額登録費用を払い続けてたFBAのサービスを大口出品を小口出品に切り替えることにしました。

小口出品にすると大口出品とは違い今まで使えてた機能が使えなくなったりとデメリットがあります。

今回は大口出品と小口出品の違いついてお話しします。

スポンサーリンク

大口出品と小口出品の違い


小口出品では月額登録料は無料になります。

使えない機能の大半は自己発送に関わってくるものが大半ですね。

一括出品ツールは使い方がよく分からないしマケプレプライムは別に使えなくても支障はないです。

注文管理レポートもAmazonスポンサープロダクトを使わずともこれまで売ってきたわけなので問題ありません。

決済方法ですが大口出品ですと自己発送での決済手段が豊富ですが小口出品は多くありません。

しかしAmazonFBAはAmazon倉庫に送るからこそ配送料を抑えることができてたので自己発送を使用するメリットがあまりないのです。

利用するとしたら商品サイズ的に送料を安く抑えれるDVDやBlu-rayが良いんですけど手数料率が高すぎるので結局使わないですね。

小口出品にしてもそれほど影響はないという結果になりましたが1品売り上げる毎100円の成約料がかかります。

月額登録料を考えれば月に50品以上売る人大口出品にした方が良いです。

こんな人が大口出品に向いている

大口出品向けの人

・とにかく色んな機能が使いたい人
・自己発送を利用する人
・月50品以上売る人
・せどりを本格的に行う人

大口出品ではせどりを本格的に行う人が向いているでしょう。

本格的にやるにはFBAの様々な機能が使えると便利ですし月額が固定なので商品をたくさん売る事のデメリットが全くないのが良いです。

こんな人が小口出品に向いている

注意ポイント

・少量でしか売らない人
・月額費を抑えたい人
・副業でせどりをやる人

小口出品では商品を沢山販売しない人、副業感覚でやりたい人には小口出品が良いでしょう。

月額4980円は大きいですもんね。

年額にしたら59760円ですよ!?

Amazonで売りたいけど高い月額登録費を払いたくない方にもお勧めです。

最後に

大口出品と小口出品の違いについてお話ししました。

せどりで月にどの位売る予定なのか、
自己発送は使うのか、
自分の売り方をイメージして大口出品か小口出品を選んでいきましょう。

また選んだとしても後で変更する事も可能です。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.