せどり

値段はかかるけど便利!FBAの商品ラベル貼付サービス

更新日:

AmazonFBAでは商品をAmazonに送ってしまえば注文から発注までの対応をすべてやってくれますがそれ以外にもAmazonでやってくれるサービスがあります。

それが商品ラベル貼付サービスです。

今回はAmazonFBAが提供するラベル貼付サービスについてお話しします。

ラベル貼り付けサービスとは?

Amazon倉庫に送る際は商品にAmazonが指定したラベルを貼らないといけないのですがそのラベルの貼付をAmazonが代行してやってくれます。

ダンボールにたくさんの商品を詰め込んだ後にラベルを貼るのはかなり面倒で底に入っている商品は上に乗っかってる商品をどけてからじゃないと貼れません。

そういう時にラベル貼付サービスが活躍します。

料金

料金は1商品毎に発生し大型商品は50円、小型と標準サイズは20円になります。

貼付サービスが受けられる商品

貼付サービスが受けれる商品とそうでない商品があります。

コンディションは全てコンディションで貼付けサービスが受けれます。

対応商品

1.各商品の輸送箱にスキャン可能なバーコード(ISBN、UPC、EAN、またはJAN)が1つ貼り付けられている事

2.バーコードがAmazonカタログに登録されている事。

商品にバーコードがついていてそのバーコードがAmazonカタログに登録されていれば貼付けサービスが受けられることになります。

2についてはカタログに登録されていないければ出品登録もできないのでラベル貼付の前に気づける問題でしょうね。

貼付けサービスが受けれない商品

受けれない商品

・バーコードがついてない商品

・中古CDなど、帯にバーコードが印刷されている商品で、帯がないもの

・ラップなどに巻かれてバーコードが見えにくい商品

気を付けなければいけないのは外箱にバーコードがある商品ですね。

外箱が無く、中身だけ送る時は商品登録こそできますがバーコードがないので貼付サービスが受けれません。

中古ショップで仕入れた外箱のないプリンターとかは自分でラベルを貼り付けるしかないので要注意です。

後は新品で傷つかない様、プチプチで梱包した時にプチプチでバーコードが見えにくくなってしまった場合も貼付サービスが受けらない可能性があるでしょう。

有効な活用方法

料金は1品20円や50円の世界とは言え、何十品も送るとその料金も大きくなってきます。

大型商品はダンボールに入れると言っても多くは入れられないでしょうから貼付けサービスを利用せず自分でやった方が安上がりでしょう。

問題は標準、小型商品ですね。

たくさん入れられるでしょうから貼付けサービスは使った方が楽です。

楽ですが貼付けに手間がかかる底に置いた商品は貼付サービスを利用しすぐに商品を取り出しやすい上に積まれてる商品は自分で貼付ける方法が合理的だと言えます。

貼付サービスは貼り付けたい商品だけを選択できるので自分がやるのとAmazonにおねがいするので分けることができます。

そうする事で手間を減らしつつ貼付けサービスの料金を抑えることができます。

最後に

貼付サービスは1度だけ利用しましたが特に何かトラブルが起こった事はありませんでした。

でも外箱にラベルを貼られるのを嫌がる人がいると思いますので外箱に価値がある商品は自分で梱包してその上からラベルを貼った方が良いでしょう。

利益の見込みが少ない商品だと使いにくいですが利益が取れるけど箱にたくさん入った場合だと非常に便利なサービスです。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.