投資の考え方

不動産投資は昔はちょっと考えたが今は全くやろうと思わなくなった訳

更新日:

投資は分散してやる自分とって不動産投資も意識はありました。

「毎月家賃収入が入っていってバンバンザイ!」とか思ってましたが冷静に考えると損するイメージしか出ない事が分かりました。

ちなみに自分が投資しようと考えた不動産投資は以下です。

・中古アパート経営
・ソーラー経営(太陽光経営)
・駐車場経営

中古アパート経営はよく耳にする言葉なんじゃないでしょうかね。

今ではサラリーマンでも手軽に手を付けてるとか…

そんなうまい話あるわけないと思うんですけどね。

今回は自分が不動産投資をやろうと思わないのか、その理由をお話しします。

スポンサーリンク

いい物件はすぐなくなるから

投資と言うのは株だったら好きな銘柄を選べるから良いんですけど不動産投資だと選べる物件に限りがあります。

もう契約済みになった物件を投資できるわけではなく残った物件に投資する形になります。

となれば早い者勝ちになりいい物件だけが先に無くなってきます。

不動産の事をたくさん勉強していて不動産選びも美味い、そんな人たちがいる中で早い者勝ち勝負するなんて無謀にも程があります。

下手な物件を買って失敗するのが目に見えてます。

自腹で買える値段ではない

アパート一棟では部屋数が多いからリスク分散できるとか言ってますが一棟なんて1000万2000万なんて当たり前で自腹で出せる値段ではありません。

一棟じゃなく一部屋だったとしても大体300万~500万ですか?

まぁ中々すぐ出せる値段じゃないですね。

そうすると結局銀行からお金を借りて投資する事になります。

家として住むならまだしも投資で借金して生計建てるのはハイリスクですしその上、不動産投資ってハイリターンな感じがしないんですよね。

最後に

不動産投資をやろうと思わない理由をお話ししました。

投資はすべてにおいて自己責任ですからね。

不動産投資でも甘い言葉や美味しい話やら胡散臭さはあります。

自分で調べて安全そうな投資だけやって深入りしない様気を付けていきたいですね。

-投資の考え方

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.