英国メルカリの撤退で株価が暴落!もうメルカリはダメだな…

更新日:

いい意味でも悪い意味でも話題が尽きない企業メルカリ。

今回イギリスのメルカリが撤退するとの発表を受け、株価が暴落しました。

上場開始時は1株5000円もあったのに2018/12/19時点では半分以下の2020円に。

本格的にメルカリも終わりに近づいている事を感じつつ今回の撤退の件で思う事を話します。

撤退の内容

メルカリには英国に「Mercari Europe Ltd」と「Merpay Ltd」と言った子会社を持っています。

その子会社2社とも事業の確立の失敗によって子会社を撤退させる方針を決めました。

Mercari Europe Ltdの2018年6月期の業績は、売上高が約43万円(3000ポンド)、営業損失・経常損失が約10億3921万円(730万8000ポンド)です。

2社とも2018/12/18付けで清算するとの事です。

撤退の結果について思う事

株価は12/18時点では1株2113円でしたが12/19でマイナス93円の2020円になりました。

最近メルカリ悪い事ばかりですね。

メルカリで売り上げ金が消失!?もうメルカリは使わない方がいいのか?

こんばんわ。 ネットではメルカリで売上金が消失してしまうと言う声が上がっている様です。 自分もメルカリは利用しており売上 ...

続きを見る

売上金消失の件もありましたし。

今回の撤退についてなんですが海外にはebayと言う海外大手のオークションサイトがあります。

ただでさえamazonと言う強力なライバルがあるのに海外ではebayもいてそれらに勝てる要素がメルカリにあったかと言う点です。

どうやったらこの2社に勝てる要素があるのか教えてほしい位です。

なので英国のメルカリは撤退になるのも時間の問題でしたね。

メルカリは管理面にも問題がありましたよね。

悪質なユーザーに対して何のペナルティも与えてないですしそこの点は英国でもどうだったのかが気になります。

後は配送面もそうです。

日本は配送がすごい優秀だったのですが海外の方ってどうなんでしょうね。

どちらにせよ日本だからこそメルカリって活かせてただけで海外では通用しなかったのでしょう。

メルカリはそろそろ手数料率か配送サービスをもっと安くしてほしいです。

kanekazu
売上手数料率10%は高い!もっと安くしてくれないものか。

株価ですが当面下がっていくでしょうね。

例え一時的に息を吹き返したとしてもこれだけの悪材料の数々で決算日で暴落する率は高いと予想します。

見落としてたんですけどメルカリってマザーズ上場だったんですね。

東証には一部、二部とあるがこれの違いについて

日本株の銘柄情報を見ていると東証一部や東証二部という言葉がでてきます。 よく東証一部上場なんて言葉がでてきますがこの東証 ...

続きを見る

やっぱ東証一部上場じゃないと株価も安定しませんね。

このままメルカリは倒産へ突き進んでいくのか、それとも起死回生を魅せてくれるのか。

今後のメルカリの動きが目が離せないです。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.