時間の節約

時間短縮として使えるエレベーターと使わないエレベーター

更新日:

上の階、下の階と移動時間の短縮として使われているエレベーター。

いちいち歩くことなく移動できる手段として大変便利です。

しかし利用場所によってはエレベータが中々来なくて時間を取られる事はありエスカレーターや階段を使った方が早かったりします。

今回は時間短縮として使えるエレベーターと使わないエレベーターという事でお話しします。

スポンサーリンク

時間短縮になるエレベーターの場所

・ビル
・マンション
・駅のホーム

ざっくり言うとこの3箇所ですかね。

駅のホームはどの位置で降りたかによります。

エレベーターから遠い所で降りちゃって階段やエスカレータが近かったらそっちを優先した方が良いでしょう。

降りる駅のエレベーターに一番近い位置で降りれるように何号車に乗ればいいか覚えておきましょう。

ビルとマンションは高層が多いですから素直にエレベーターを使った方が得策です。

ですが2階、3階位なら階段で行った方が良いですね。

最上階に住んでる人はエレベーター乗り降りするの大変そうです(汗)

かといって階段だと絶対疲れるでしょうが…

時間短縮にならないエレベーターの場所

・デパート
・ショッピングモール

買い物客で集う、デパート、ショッピングモールでのエレベータ利用はあまり時間短縮になりません。

やっぱり時間短縮になる条件は行先の階までいかに止まらずに行くかなんです。

デパート、ショッピングモールでは各階のショップを利用する人は多いので当然各階で止まってしまいます。

それがエレベーターが行っちゃった後ならもう最悪。

エレベーターが戻ってくるまで待ち続けなければいけません。

そういう施設では大体エスカレーターが備わっていますのでエスカレーターを利用した方が早い時もあります。

最後に

エレベーターの事でこれだけ語るとは思いませんでした(汗)

今あげていった施設以外でも役所、病院、歩道橋でもエスカレーターはありますが建物の構造や利用者数によってくるので時間短縮になるかどうかは微妙です。

エレベーターは全てにおいて時間短縮に繋がるかと思ったんですが使う人が多いほど短縮はおろか待ち時間を使う羽目になります。

改めて何のためにエレベーターを使うのか考えて利用した方が自然と使うエレベーター、使わないエレベーターを分けていけるんじゃないでしょうか。

-時間の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.