電子マネー

電子マネーを利用する事のメリット・デメリットとは?

更新日:

最近電子マネーがどんどん日常的に使われています。

もはや現金いらずの時代に突入してるかの様にも感じます。

今回は電子マネーを利用して感じたメリット・デメリットをお話しします。

電子マネーとは?

電子マネーとは現金を使わずに買い物額を決済する事ができます。

電子マネーと言うとSuica、WAON、Edy、nanacoが有名ですがそれらの電子マネーはICカード、クレジットカード、スマートフォンのおサイフケータイ、Apple payに内蔵されておりコンビニ等にある電子決済端末にタッチするだけで決済できます。

ポイントカードとの違い

ポイントカードと言うとTポイント、楽天ポイントなんかがありますがいまいち違いが分からないですよね。

電子マネーはポイントカードの様に提示して貯めれるわけではありませんしクレジットカードとの併用ができません。

電子マネーはほぼ現金やクレジットで払う状態と同様の扱いと考えてよいでしょう。

電子マネーのメリット

クレジットチャージでポイント還元できる

電子マネーの最大のメリットとしては現金と同様の価値として利用できるのにクレジットカードでチャージできることです。

商品でもなく、電子マネーと言うお金の一つなのにそれをチャージするだけでクレジット側でポイント還元されます。

クレジットカードだと100円で1ポイント、200円で1ポイントとそういう還元システムだと思いますがポイント付与条件未満の金額が切り捨てられるのが煩わしいです。

電子マネーならチャージ金額が1000円単位なので

ただし、電子マネーによってチャージできるクレジットカードが限られているので注意が必要です。

クレジットカード未対応の店でも使える事がある

クレジットカードの対応店は確かに幅広いですが一部の飲食店では使えないですしバス、電車賃、自販機なんかは使えないです。

しかし電子マネーだと飲食店での対応が幅広く交通系電子マネーならバス、電車賃の決済も可能です。

クレジットカードで対応していない店、サービスを電子マネーで対応すると言う意味ではクレジットカードの補助役でもありますね。

電子マネーのデメリット

一度チャージすると現金の払い戻し不可

電子マネーはチャージすると間違えたとしても現金への払い戻しはできません。

ただし交通系電子マネー(Suica、Pasumo)は払い戻し手数料を支払う事で払い戻し可能な様です。

チャージする前は本当にチャージして問題ないかよく考えておきましょう。

対応してる店・サービスが少ない

確かにクレジットカードで決済できない店では電子マネーが対応してる事はありますが全体的に電子マネーが対応している店、サービスは少ないです。

特にネットを利用したショッピングサイトやサービス系では対応が乏しいので結局はクレジットカードに頼る事になります。

電子マネーだけで運用させようとすると不安要素は大きいですね。

残高に上限がある

電子マネーと言えでも何十万、何百万と残高を持てるわけではなく電子マネーの種類によって残高が違ってきます。

確かSuicaは上限2万円まででWAONの上限は5万円までです。

クレジットカードなら月の利用額の上限って30万、50万までなのでちょっと低いと感じる事でしょう。

その為、残高が足りない時は都度チャージしないといけません。

またパソリの様なネットでチャージできる様な機器が無いと店まで行ってチャージしなきゃいけない場合もありますので非常に面倒ですね。

最後に

電子マネーのメリット・デメリットについてお話ししました。

やっぱカードやスマートフォンで管理できる分、おつりが細かくなることがないので便利ではありますね。

クレジットでは利用できない所で電子マネーを利用するやり方で少しでも現金払いよりお得にポイント還元を狙うならぜひ利用しておきたい機能です。

-電子マネー

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.