仮想通貨

仮想通貨と電子マネーの違いって?意外と多い!

仮想通貨と電子マネー。

どちらも紙幣や硬貨と言った実体がないけど現金の様にネットショッピングで支払いができます。

そうすると仮想通貨と電子マネーの違いがよく分からないと思いますが細かい所を探ると結構違いがあります。

今回は仮想通貨と電子マネーの違いについてお話していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨と電子マネーの違い

発行元

電子マネーだと例えばSuicaであればJR東日本が、Edyなら楽天が提供している電子マネーの為、発行元が存在しています。

その為、チャージを行った時は発行元がチャージ申請されたことを確認し現金と電子マネーを交換してもらえます。

しかし仮想通貨では管理している発行元が存在していません。

「ビットコイン 誕生」等で調べるとサトシ ナカモトという名前が出てくるのですが彼はビットコインの開発プログラムを作った人であって発行元ではありません。

発行はネットワークを利用したマイニングと言う仮想通貨を発掘する人達の為、不特定多数と考えられます。

通貨価値

電子マネーでは1単位=1円なので現金と同じ感覚で利用できるのに対し仮想通貨では通貨価値が変動します。

そういった意味だと仮想通貨は株と同じように値動きを楽しむ事ができる反面、得した分はしっかり税金がとられてしまいます(涙)

一応損した分は他の仮想通貨と言う条件であれば利益分と相殺して確定申告する事ができます。

返金保証

電子マネーでは発行元の会社が万が一倒産した場合には全額ではありませんが電子マネー残高の一部が返ってきますが仮想通貨については自己責任になる為、価格暴落や流出、盗難の被害にあっても返金保証はありません。

ここの差はやはり発行元の企業があるかないかに寄りそうな気もします。

換金

仮想通貨では売却する事で現金に変える事ができますが電子マネーは一度チャージしてしまうと現金に換金する事ができません。

利用先

電子マネーではネットショッピングならず、スーパー、家電量販店、ホームセンター、コンビニ、リサイクルショップ、飲食店までと実店舗での利用可能店が多く対応の幅が広いですが仮想通貨に関しては一部のチェーン店では飲食店、ネットショッピング位でしか利用できません。

ビットコインでも有名店ではビックカメラ位ですね。

最後に

違いを表にまとめるとこんな感じですね。

やはり提供元に企業があるかないかだけで返金保証もそうですし安心感が全然違います。

仮想通貨はまだまだ発展途上ですのでこれから使える店はどんどん増えていくのかと思います。

どちらが良い悪いと言うのは色々あるかと思いますがどちらも現金いらずで利用できる点としてはやはり便利なのではないでしょうか。

-仮想通貨

Copyright© 30で退職した野郎の放置型投資術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.