食費

外食でかかる食費を節約する方法5選!自炊不要で安くできる!

外食ってお金がかかりますよね。

食費の節約として自炊が一つの選択ではありますが時と場合によって外食する事もあるでしょう。

しかし外食でも節約できるポイントはいくつかあります。

今回は外食でもできる節約というテーマでポイントをお話しします。

スポンサーリンク

なぜ外食をするのか?

外食をする理由

  • 自炊するのが面倒くさい
  • 外出が多い
  • 友人とご飯に行く事になった

なぜ人々は外食するのかその根本的な原因を考えてみました。

外食をする理由として一番よくあるのは「外出してる」からが一番多いでしょう。

さすがに家に帰るまで我慢するのも良くないですよね。

後は自炊をしない人も自然と外食が多いんじゃないでしょうか。

どんな人でも外食する事は当然ありますから外食を無くすというのはあまり節約としてお勧めしないですね。

それよりも外食で安く食べる方法を探していきます。

外食での節約法

安い店で食べる

格安店 格安メニュー
牛丼店 豚丼大盛等
マクドナルド 100円マック×3
そば・うどん店 かけそば大盛等
スーパー 300円弁当

「外食=高い」と言うイメージはありますが安い店を探せていないからそう感じてしまうのです。

よって外食は店選びも重要です。

なにを基準にして安いというと基本ワンコイン500円以下で探します。

外食でそんな店はないと思いますが意外にもこれがあるんですよね。

牛丼店は元々コスパが良いので500円以下でお腹一杯食べれますし、マックも100円マックに頼れば500円以下で食べれます。

大穴なのがスーパーで、カウンターやテーブル席付きのスーパーが多く、イオンやロピアと言った安い弁当を買ってテーブルで食べる事ができます。

後はショッピングモールでスーパーで弁当を買ってフードコートで食べるなんてのもありですね。

クーポン券

クーポン券と言えば外食での節約の基本ですね。

通常価格から何円引きとクーポン券の中では大きな割引もあるので見逃せません。

外食チェーン店だとちらしにクーポン券がついてたりしてます。

スマホでもクーポン券のアプリなんかもあるので身近なところでクーポン券を探せます。

行く外食店が決まっていたら事前にクーポンが無いか探しておくと良いでしょう。

モーニング・ランチメニュー

ランチメニューは名前の通り昼の時間帯しか頼めませんが通常のメニューと比べ値段が安くボリュームがあります。

大盛が無料になったり、サラダがついてたりといつもの外食よりも豪勢な気分を満喫できます。

ランチメニューは注文も早く来やすいのでイラつかせません。

夕食だと人が混みやすく安いメニューもありませんからね。

この結果から外食は昼に行った方が得という事になりますがあながち間違いではありません。

店にもよりますがランチタイムは結構長めで集中しやすい時間帯12:00~13:00以外にも14:00まで対応してたりするので混む時間帯を避けつつランチメニューを頼む事も可能です。

またモーニングメニューは朝食をとることを前提としている為、ボリュームはそれ程ありませんが価格が安いのも魅力的です。

外食が高いのはモーニング・ランチメニューを利用しない点にあると思います。

極力ディナーでの外食は避けモーニング・ランチメニューを利用していくようにしましょう。

キャッシュレス決済を活用

キャッシュレス決済の種類 代表的なキャッシュレス
クレジットカード ・Yahooカード
・楽天カード
・Kyash
電子マネー ・Suica
・WAON
ポイントカード ・楽天スーパーポイント
・Tポイント
QRコード決済 ・PayPay
・LINEPay
・メルペイ

チェーン店では支払方法が充実でクレジットカードや電子マネー支払いに対応している店が多いです。

これらの支払いは1%とポイントが付くわけですから少しでも節約する為に利用はしておきましょう。

電子マネーでの中でもクレジットチャージでクレジットカード側にポイントが入るようになるので外食以外でも使い道が幅広いです。

飲食店やスーパーでよく使えるキャッシュレス決済はクレジットカードですね。

クレジットカードは飲食店だけではなくネットでの決済や公共料金の支払いにも使えます。

わざわざ口座振替をしたり現金払いをし続けてATMを利用する時間を削減できますのでおススメです。

株主優待券を使う

マクドナルド、すかいらーく、吉野家等、株を保有する事で手に入る株主優待券があればそれも使用していきましょう。

株主優待券は株を持たなくてもフリマサイトで買える上、優待券の相応額より安く買えるのでお勧めです。

自分がよく行きそうな飲食店を考えて買うと良いでしょう。

 

最後に

外食は高くなりやすいですが、上記の手法を使わないからこそ高いだけであってクーポンやランチメニューを活用する事で安く抑える事ができます。

楽な節約法は安い店に行くのとキャッシュレス決済を利用する事ですね。

外食行くたびにクーポン調べたりとチマチマした事をやらなければなりませんが小さな事を続けていく事こそが節約です。

-食費

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.