食費

外食でもできる節約はある!その方法4つ紹介!

更新日:

外食ってお金がかかりますよね。

食費の節約として自炊が一つの選択ではありますが時と場合によって外食する事もあるでしょう。

しかし外食でも節約できるポイントはいくつかあります。

今回は外食でもできる節約というテーマでポイントをお話しします。

スポンサーリンク

クーポン券

クーポン券と言えば外食での節約の基本ですね。

通常価格から何円引きとクーポン券の中では大きな割引もあるので見逃せません。

外食チェーン店だとちらしにクーポン券がついてたりしてます。

スマホでもクーポン券のアプリなんかもあるので身近なところでクーポン券を探せます。

行く外食店が決まっていたら事前にクーポンが無いか探しておくと良いでしょう。

ランチメニュー

ランチメニューは名前の通り昼の時間帯しか頼めませんが通常のメニューと比べ値段が安くボリュームがあります。

大盛が無料になったり、サラダがついてたりといつもの外食よりも豪勢な気分を満喫できます。

ランチメニューは注文も早く来やすいのでイラつかせません。

夕食だと人が混みやすく安いメニューもありませんからね。

この結果から外食は昼に行った方が得という事になりますがあながち間違いではありません。

店にもよりますがランチタイムは結構長めで集中しやすい時間帯12:00~13:00以外にも14:00まで対応してたりするので混む時間帯を避けつつランチメニューを頼む事も可能です。

クレジットカード・電子マネー払い

チェーン店では支払方法が充実でクレジットカードや電子マネー支払いに対応している店が多いです。

これらの支払いは1%とポイントが付くわけですから少しでも節約する為に利用はしておきましょう。

電子マネーでの中でもクレジットチャージでクレジットカード側にポイントが入るようになるので外食以外でも使い道が幅広いです。

株主優待券を使う

マクドナルド、すかいらーく、吉野家等、株を保有する事で手に入る株主優待券があればそれも使用していきましょう。

株主優待券は株を持たなくてもフリマサイトで買える上、優待券の相応額より安く買えるのでお勧めです。

自分がよく行きそうな飲食店を考えて買うと良いでしょう。

最後に

外食は高くなりやすいですが、上記の手法を使わないからこそ高いだけであってクーポンやランチメニューを活用する事で安く抑える事ができます。

外食行くたびにクーポン調べたりとチマチマした事をやらなければなりませんが小さな事を続けていく事こそが節約です。

-食費

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.