食費

カレーは手作りの方が高い?いえ、安く作れます!

レトルトカレーの安さには目を光るものがあります。

自分も業務スーパーでレトルトカレーを買うのですが1食75円で250gの大盛と節約の為に大いに助かっています。

ここまで安いと一から作る気なんて起きないですよね。

野菜や肉を切ってから、炒めて、煮込んでと…

それでレトルトカレーより高いなら手作りの意味がないです。

しかし実際手作りだとレトルトよりも高いのでしょうか?

もしレトルトよりも断然高くなっている様でしたら食材選びや行きつけのスーパーの高さに原因があるかもしれません。

今回は手作りカレーを安く作る為のポイントをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

店選び

安い店を選べば食材も比例して安くなります。

自分の近所で安い店がないか探してみましょう。

食材が安い店

・イオン
・業務スーパー
・オーケーストア
・メガセンタートライアル

食材選び

食材選びで重要なのはですね。

肉は牛肉、豚肉、鶏肉が主に売られてますが少しでも安くするなら鶏肉を選びましょう。

鶏肉の中でももも肉、ササミ、むね肉と種類がありますが安価なのはむね肉です。

安いスーパーでも100g50円と非常に安いのが魅力で味はあっさりしてますがカレーとの相性はいいです。

じゃがいも、玉ねぎ、にんじんは種類が多いわけでもありませんので安いのを選んでいきましょう。

最後にルー。

ルーも安いのを選びたいのですが粉末タイプはあまりお勧めしません。

意外と溶けるのに時間がかかりますのでバーモンドカレーの様なブロック状のにしましょう。

バーモンドカレー位なら12食分のルーで150円位なので1食のルーで12円程度ならそんな高くないですね。

カレーはまとめて作ればお得

じゃがいも、にんじんは1個あたり30円前後、玉ねぎは1個50円、鶏むね肉は500gで250円で買うとします。

それでバーモンドカレーのルーを150円で買って半分使うと6食作る事ができます。

1食だけ作ろうとすると野菜、肉が余っちゃいますがまとめて作ればまんべんなく消費ができます。

ニンジンは1本丸々は多いので半分で使うとして6食まとめて作ると1食あたり70円の計算になります。

安くさせる意識があればレトルトよりも安くできるんですよね。

しかもレトルトのカレーって殆どルーだけで具なんで申し訳ない程度しか入ってません。

それに比べ手作りは時間こそかかりますが具だくさんで野菜も入ってるから栄養のバランスも良いですよね。

 

最後に

手作りカレーを安く作る為のポイントをお話ししました。

食材の一つ一つ安くしていけばレトルトと殆ど変わらない値段で具材たっぷりで美味しいカレーが作れます。

肉だけは豚、牛にするとレトルトより高くなっちゃうので鶏一択です(汗)

-食費

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.