その他の節約

コンタクトレンズとレーシックどっちが安いか比較!

更新日:

昔、自分は目が悪く最初はメガネをしていたことがありました。

次第にコンタクトレンズに切替え、最終的にはレーシックを行い今に至っています。

どちらも経験したわけなんですけどコンタクトレンズとレーシックのどちらが安いのか気になる人もいるでしょう。

今回はコンタクトレンズとレーシックの費用について比較してみました。

比較結果

費用(10年分)
ソフトコンタクトレンズ 本体:1090円(3ヶ月)×40=47600円 116200円
洗浄液:3630円(6ヶ月)×20=72600円
ハードコンタクトレンズ 本体:5200円(2年)×5=26000円 98600円
洗浄液:1210円(2か月)×60=72600円
レーシック 150000円

ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの本体と洗浄液は以下商品を参考にして算出しました。

レーシックの方が圧倒的に安いかと思ってたんですがコンタクトレンズの方が安いんですね。

自分は1ヶ月使えるソフトコンタクトレンズを使ってたのでハードと比べるとコスパが悪かったようです。

どおりでレーシックの方が安く感じたわけだ…

コンタクトレンズは本体よりも洗浄液の方が高くハード、ソフトと同じ値段という結果になりました。

 

レーシックは高いけどメリットは多い

値段で言えばコンタクトレンズになりますが洗ったり、付け外しの繰り返しがあります。

毎回コンタクトレンズ外して洗浄液につけてメンテナンスするの地味に面倒くさいんですよね。

しかもこれ毎日やらなきゃいけないんですよ…

でもレーシックであればそういう作業を省けるのでお勧めします。

更に裸眼と同じで物を見れますので目に違和感はなく非常に快適です。

自分が実際受けたプランは10年で丁度キャンペーンや手術給付金が重なって150000円と言う料金で済みました。

レーシックは手術扱いなので保険会社によっては手術給付金が入ります。

詳しくは自分が契約している保険会社へ確認してみると良いです。

おススメは自分も実際レーシックを受け、効果を実感できているコスパが良い品川近視クリニックです。

老眼治療

最後に

コンタクトレンズとレーシックの費用の比較をしてみました。

お金に余裕があれば時間の削減という意味でレーシック、お金を節約するならハードコンタクトレンズと言う結果ですね。

でも節約でコンタクトレンズを使い続けるなら快適性を選んでレーシックを受けちゃった方が個人的には良いです。

-その他の節約

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.