節約意識

消費税10%が刻々と近づいていく中、できる対策とは?

更新日:

2019年10月より消費税が10%になります。

今は8%なので2%の増税になるのですが2%でも痛いですよね。

やっぱ普段の買い物でも安いと思った商品が高いと感じてくるかもしれません。

そこで今回は消費税10%に備えてできる対策を考えてみました。

スポンサーリンク

消費税対象外の商品

まず消費税対策の前に消費税対象外の商品があるのか確認してみました。

・土地の譲渡、貸し付け:土地は消費されるものではないので、消費税はかかりません。
・有価証券等の譲渡
・利子、保証料、保険料など
・郵便切手類、印紙、証紙の譲渡
・行政手数料など
・社会保険医療など:保険診療、処方薬は非課税です。自由診療、ドラッグストアの医薬品は課税されます。
・介護保険サービス・社会福祉事業など
・助産にかかる資産の譲渡など
・埋葬料、火葬料:命の始まり(助産)と終わり(埋葬、火葬)の費用には消費税はかかりません。
・身体障がい者用物品の譲渡、貸付けなど
・学校の授業料、入学金など:学校教育法に規定される学校が対象で、塾や英会話、自動車学校などは含みません。
・教科用図書の譲渡:教科書は非課税ですが、参考書、ドリルは課税です。
・住宅の貸付け:生活の基本となる衣食住のうち、最も負担の重い住宅について配慮した、といったところでしょうか。

出典元:法律の窓口

こう見てみると土地、切手、社会保険、賃貸関係は消費税対象外です。

しかし不動産購入に関しての消費税はかかります。

不動産はあくまで賃貸関係が対象外と認識しておいた方が良いでしょう。

消費税が上がってしまうからこそそれを補うために消費税対象外の物を利用しようと思ったのですが項目からにして補うのは難しいですね。

消費税アップしない軽減税率

10%に増税されるも一部の商品に関して消費税は8%のままになる軽減税率と言う処置があります。

飲食料品や新聞は例外的に8%に据え置きます。

また外食のテイクアウトも8%のままです。

しかし外食は残念ながら10%になってしまいます。

kanekazu
よく吉野家で外食してるからこれは痛い!

消費税アップへの対策

高還元のクレジットカードを作っておく

買い物時に利用するだけでポイントを手に入れられるのがクレジットカードです。

還元率は高くありませんが10%に増税に備えて作るのは全然ありです。

おススメはプリペイドカードKyashです。

Kyashは2%のポイント還元がある上に引き落とし用のクレジットカードを登録できるので登録したクレジットカード側でもポイントが入ります。

おススメの登録クレジットカードはYahoo!カードか楽天カードでどちらも1%なので使えば計3%のポイント還元が入ります。

3%なら増税分を補っても1%還元なので断然お得なのです。

激安店を把握しておく

消費税アップを止める事はできませんので商品価格が安い店を探します。

安い店

【スーパー】
・業務スーパー
・イオン
・ロピア
・OKストア

【ドラッグストア】
・マツモトキヨシ
・クリエイト

【ホームセンター】
・コーナン
・島忠

店でも高い店と安い店だと価格は全然変わってきますので安い店を利用して上手に節約していきましょう。

最後に

消費税10%に備えてできる対策を紹介しました。

ぶっちゃけると節約しろって事です(笑)

普段節約している人達からさらなる節約は難しいのでこのまま継続していきましょう。

今一度自分が買っている商品や無駄に払い続けてる契約が無いか見直して支出を抑えるようにしましょう。

-節約意識

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.