せどり

価格相場を簡単に調査!オークファンを使ってみた感想

更新日:

せどりで安そうな商品を見かけた時、Amazon、ヤフオクと比べっこするかと思います。

しかしいちいちAmazonのページを開いて確認してその後ヤフオクでキーワード検索してするのは面倒ですよね。

そんな時はオークファンを使うと良いでしょう。

今回はオークファンの特徴や実際使った感想をお話しします。

オークファンとは?

※メルカリは2017年11月23日以降の落札相場検索を休止中で再開予定は未定です。

オークファンURL:https://aucfan.com/

国内外のオークション、ショッピングサイトの相場をまとめて検索できるサイトです。

名前からにしてオークションの相場を調べるサイトかと思われがちですがちゃんとショッピングサイトの比較もやってくれます。

比較対象は上記画像で落札相場だけじゃなく開催中の相場も調べてくれます。

個人的にはヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラのショッピングサイトも対象にしてくれたらなおよかったです。

オークファンの会員レベル

会員レベル

・ゲストユーザー
・無料会員
・プレミアム会員(月額980円)
・プロPlus会員(月額10800円)

オークションの会員レベルは4段階あり、機能は少ないですが登録も不要な利用できるゲストユーザーと無料で会員登録できる無料会員があります。

プレミアム会員とプロPlus会員はライバルの出品状況のチェックやヤフオクでの一括入札、一括出品等が簡単にできる機能が入っていて完全にせどりで完全に食べて行こうと思う人たち向けの会員になります。

自分は最低限の機能さえ使えればと思い無料会員で使ってました。

オークファンの詳細な機能比較:https://aucfan.com/user/premium/

無料会員登録方法はとても簡単で

・Eメールアドレス
・パスワード
・利用形式(個人or個人事業主or法人)
・ニックネーム

これだけ入力すれば会員登録ができます。

オークファンの特徴

・複数のサイトの価格相場が調べれる
・過去の落札相場が分かる
・検索方法の詳細な設定が可能

オークファンの特徴はざっとこの二つですね。

せどりでは過去の落札相場が分かればいくらで出品すればいいか目星がつきますし複数のサイトで価格相場が分かればいちいち1サイトずつ、チェックする必要が無くなります。

検索方法を詳細に設定できることも魅力の一つです。

・検索対象サイトの設定
・安い順
・高い順
・おすすめ順

検索対象サイトの設定と言うのは検索結果を表示させたいサイトのON、OFFの設定ができます。

例えばヤフオクは検索結果に表示させたいけど、Amazonは表示させたくないと言った設定ができます。

こういった設定も結構大事で検索した時にピンポイントで差がでますので余計な情報が表示されずすっきりします。

使ってみた感想

主にWEBから見れるのですがせどりサーチツールのAmacode(アマコード)からも直接オークファンにアクセスできるのでAmacode経由で見てました。

PC版だと使いやすいのですが結構サイトが重いのかスマホだと少し表示されるのが時間かかりますね。

ややサイトが重い以外は検索のしかたとかはヤフオクやAmazonと似た感じでスムーズに調べる事ができました。

せどり専用のツールに思いがちですが単純に安い商品を探したい時なんかにも使えるので日常でも役立つツールなんじゃないかと思います。

-せどり

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.