米中貿易戦争で株に影響した事を語ります

更新日:

2018年は米中貿易戦争やら貿易摩擦やら株価が荒れに荒れました。

今も鎮火しておらず投資家を不安にさせる日々が続いています。

この米中貿易戦争がどのように株価や為替に影響を与えたのかお話しします。

スポンサーリンク

米中貿易戦争とは?

米中貿易戦争とはアメリカと中国間で輸出品に対して追加関税をあげている貿易問題です。

貿易とは外国間で車、食品、PC等と言った商品を商業取引する事なんですが貿易戦争ではそれらを輸出する為の税を上げることです。

なぜこのような追加関税が起こっているかと言うとアメリカは今貿易赤字に苦しんでいます。

その貿易赤字の内、中国との取引が半分を占めている為、今回アメリカ国内への輸入に対して中国から追加関税を取る動きを見せました。

対象品目

米国側の追加関税

・自動車
・ロボット
・半導体
・プラスティック
・家電
・家具

中国側の追加関税

・農産品
・自動車
・自動車関連
・鉄鋼製品
・液化天然ガス
・中型航空機

対象品目は1000以上あるようですが大きなジャンルとして絞りました。

お互い国独特の技術を利用した強みのあるジャンルに対して関税をかけているのが分かります。

株への影響

関税をかけられるという事は輸入輸出がしにくいと言う状況になります。

もちろん関税をかけられたジャンルを取り扱ってる銘柄は売り上げに影響しますので株価が下がります。

下がるのは関税される製品を扱っている銘柄だけではありません。

自動車であればその自動車を動かす為のガソリンや自動車パーツを作る為の銘柄も影響します。

原油株や自動車パーツ製造業の株とかがそうですね。

自動車が売れなければガソリンや自動車パーツも売れなくなりますので。

他にも影響する銘柄があります。

海外の商品を輸送する輸送業者も関税によって外国間の取引が減れば輸送株の下落も考えられます。

こういうマイナス材料がダウ平均の下落を加速させ、日経平均にも影響を与えてしまうのです。

最後に

米中貿易戦争についてお話ししました。

お互い色々関税をかけあって売れるものが売れなくなると経済に打撃が入ってしまうものです。

早くお互いが納得できる形で貿易問題をクリアしてくれることを祈ってます。

-

Copyright© おカネと、時間と、 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.