出品先

amazonFBAは手数料がたかい?メリット・デメリット

せどりで仕入れたものはどこで販売すればよいか分からないと思います。

さすがに実店舗は持てないので主にネットショップで販売するわけですがネットショップはamazon、ヤフオク、メルカリ、ラクマと様々です。

自分はamazonとヤフオクで販売したことがあります。

今回は実経験をもとに出品サービスamazonFBAで利用した時のメリット・デメリットを話します。

スポンサーリンク

amazonFBAとは?

AmazonFBAでできる事

  • 商品の梱包
  • 商品の発送
  • 返品対応
  • クレーム対応
  • 決済

amazonFBAとはフルフィルメント by amazonの略語で購入者から注文が来てからの梱包や発送などの対応を代行してくれるサービスです。

自己発送だと大量に注文が来た時に1件1件梱包、発送をやってたらとてもじゃないですけど対応が追い付きません。

このサービスのおかげで利用側は仕入れ、amazonへの発送、商品の登録だけを行えばいいので面倒な作業を省けます。

amazonFBAには大口出品と小口出品の二種類があります。

デメリット

必要な道具が多い

以前せどりで必要な道具と言うのを記事にしたのですが、まずFBA利用だとプリンターが必須になります。

プリンターが必要になればインク、ケーブル、プリンター用紙も必要になってきます。

更にFBA倉庫に発送では商品ラベルを貼らないといけないのでラベル紙も必要になります。

ヤフオクではプリンターが無くても発送できますからねぇ。

プリンターのサイズも結構デカいので置くスペースを確保しないといけません。

出品できない商品がある

amazonでは新品や食品、DVD、CD、食品などは一定の条件を満たさないと出品がする事が出来ません。

請求書が必要だったり保証書がらみ等、条件を満たす為に面倒な手続きを取らないといけません。

Amazonだけが異様に厳しのでAmazonで出品できない商品はヤフオクやメルカリなど他のサイトを利用する様にしましょう。

手数料が高い

FBAでかかる手数料

・月額登録料(大口出品のみ)
・基本成約料(小口出品のみ商品1点注文毎に100円)
・配送代行手数料(FBA倉庫配送のみ)
・販売手数料
・カテゴリー成約料(本、ミュージック、ビデオ・DVDのみ)
・在庫保管手数料(FBA倉庫発送のみ)

 

こんなにたくさんあります(汗)

その中でも販売手数料が多くかかります。

商品カテゴリーによって手数料の率は異なるのですが人気カテゴリーは大体販売価格の15%を手数料として抜かれます。

配送代行手数料は1商品毎にかかる手数料で商品サイズによって手数料が異なってきます。

どちらも痛い手数料ですので仕入れる時は手数料を気にしながら仕入れると良いでしょう。

また手数料の改定が年に2~3回発生し、大抵手数料があがるパターンが多いです。

仕入れる時はこの手数料を考慮して利益が取れるか計算しておきましょう。

税理士契約の電話がくる

時々電話で「税理士雇ませんか?」と言うセールスの電話が来ます。

年間の売り上げ件数があまりにも多ければ確定申告も大変になってくるだろうし考えたくはなります。

しかしそこまで売れてない内にそんな電話来ても迷惑なだけですよね。

AmazonFBAはいわば自分のオンラインショップを出店させるようなもので電話番号も表示されます。

勧誘の電話を避ける方法はないので来たら耳を傾けず「結構です!」と言ってすぐ切っちゃいましょう。

解約がすぐできない

注文や売上金処理が直近であったり、商品がFBA倉庫に残ったままだとすぐに解約ができません。

商品は自宅に返却してもらったり在庫破棄をすればどうにでもいいのですが注文や売上金処理はしばらく待たないといけないですね。

待つ日数も長くて最終注文日から90日以上待たないと解約処理を受け付けてくれません。

もし解約が少しでも頭をよぎるようであれば在庫を処分したり商品が売れたりしない様に出品を停止すると良いでしょう。

 

メリット

仕入れた商品をまとめて倉庫に送れる

amazon以外のサイト販売は注文が入る度に購入者宛へ商品の梱包、発送を行わないといけません。

しかしFBAは発送を代行してくれるので商品を1つのダンボールにまとめて倉庫に送るだけでいいのです。

梱包と発送の手間が少ないのは大きいですね。

ちなみにFBA倉庫を利用せずに自己発送する事もできるので発送する商品のサイズや配送料金に応じて自己発送に切り替えるのも良いです。

配送料を安く抑えれる(FBA倉庫に送る場合)

1つのダンボールに入れられるだけの商品を入れて送れるので1商品の送料を安く抑えれるのがFBAの大きな強みです。

フィギュア1個のサイズでも定形外がゆうパックにしたら500円以上になるのでこれは嬉しいですね。

160cmサイズのダンボールを送るならエコムー便がおススメですよ。

商品を高く売りやすい

amazonは日本で一番多く利用されているネットショップです。

その為、価格基準もamazonで決まっていると言っても過言ではないのでamazonで高く売りやすいのです。

そうすると他のネットショップはamazonより安くしないと中々買ってくれませんね(汗)

在庫管理画面がみやすい

自分が出品した商品の見やすく、手数料の金額、配送価格、作成日、商品型番、画像、販売価格と細かい情報を見る事が出来ます。

また管理画面から商品ステータスの一括変更、商品価格の変更、在庫数の変更も行えるので非常に便利です。

商品のアクセス数も確認できるので自分が出品した商品がユーザーからどの位見られてるかで購入価格を下げたりと言った対応がしやすいです。

スポンサーリンク

使ってみた感想

大口出品で出品してみました。

手数料がかなり高い印象がありますがその分、倉庫にまとめて送れる、Amazonだから高く売れるという利点は高いです。

総合的にみると利益はAmazonFBAが最も取れるという事が分かりました。

ただし気を付けなけらばならないのは在庫保管手数料で売れずに残っていると保管日数に応じて手数料が発生します。

「人気商品だけ仕入れる」「値段を下げて売れるようにする」と言った対策をして保管手数料をかけないようにしましょう。

商品に関する問い合わせに関しては頻繁に来るかと思いきや全然来ませんね。

オンラインショップを出店して電話番号も入れて本格的なイメージがありますけどいざやってみるとヤフオク出品に毛の生えた感じでゆるく運営できてます。

最後に

デメリットの方が目立つと思いますがFBA倉庫に送れば自宅に商品で溢れかえる事はないです。

またamazonと言う大手のネットショッピングで販売できる事自体が大きなメリットですからね。

せどりをやる上で必要になるサービスなのは確かです。

-出品先

Copyright© 30で退職した野郎の節約資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.